ホメオパシーってなあに?

ホメオパシーは200年以上前に、ドイツの医師ハーネマンが始めた医療です。

 

1812年 ナポレオンのロシア遠征でチフスが大流行した時に、当時の正統医学の病院で死亡率が52%だったのに、ホメオパシーの病院では死者がゼロだったことから注目を浴び始めました。

19世紀中頃には、ホメオパシーの学会もでき、正統医学と肩を並べる勢いでしたが、1883年パスツールが病原菌を発見し、ペニシリンなど抗生物質などが普及してくると、時代遅れの医療として扱われるようになり、次第に衰退していきました。

 

しかし近年、人間機械論的なまるで機械の部品を扱うような治療に疑問を抱き、ホリスティックな医療を求める人が増えてきて、また注目を浴びつつあります。

 

 

とても残念な事に日本ではあまり馴染みのないホメオパシーですが、世界では多くの国で使われています。

 

イギリスの王室は代々ホメオパシー治療を受けていて、王室の侍医のトップはホメオパスです。

 

ドイツではプロサッカーのチームドクターは90%以上がホメオパシーを使っています。

 

フランスでは使われている全薬剤の30%がホメオパシー。

 

インドではイギリス占領時代にホメオパシーが入ってきましたが、独立の時にガンジーがこの療法は残すと決め、今では現代医療と同じ位置付けで使われています。

 

 

ホメオパシーが他の代替療法や現代医学と大きく違うところは、症状を単に「悪いもの」「取り除かなければならないもの」「戦うもの」として捉えていない所です。

 

病の本質は生命エネルギーの乱れです。

死人と生きた人間の違いは、 生命エネルギーがあるかないかです。

その生命エネルギーが何んらかの原因で見出された時、乱れは症状となって、私たちにお知らせをしてくれます。

ちょうど池に落ちた石が波紋を作るように、目にみえる形で教えてくれるのです。

 

 

ですから症状とはありがたくないけれど、本当はなくてはならないありがたいものなのです。

 

 

 

 

ほとんどの療法がその表面に現れたありがたい症状を、無くすことだけを目的としています。でもそれでは本質的な治癒とは言えません。

ホメオパシーでは、病のおおもとである生命エネルギーの乱れを元に戻す事によって、結果として症状がなくなる事を目指します。

 

ですから、根本にフォーカスする、ホメオパシーの治療は、本質的で永続的なのです。

 

ではどうやって根本的な生命エネルギーを元の姿に戻すのでしょうか?

似た症状を起こすレメディは、自然治癒力が目覚めさせます。

今自分が病の状態であることを生命エネルギーが認識し、自発的に元に戻ろうとするのです。

 

だからホメオパシーのレメディはエンジンで、治すのは自分自身なのです。